銀行の金利が下がって金庫が売れる。

なんだかみんな自己防衛に走っているようですよね。銀行の金利も0.001%でしたっけ?信じられないような金利になっています。
もう本当に定期預金をしている意味がないですもんね。それに長期になるほどマイナス金利政策のおかげで損をするという意味が分からないことになっています(*_*;
それでも日銀のTOPは想定内のことといっているようですが、本当に想定内なのかなぁ。もし想定内だとしたらとんでもない考え方だと思います。
国民のことなんて関係ないって思っているのだろうか?
金利を下げると購買意欲に拍車がかかるからプラスに働くと思っているようだけど、私はそうは思えませんね。
銀行に預けると怖いから金庫を買って自分で管理する人も増えているようです。金庫が売れて売れて在庫がないようです。タンス預金というやつですね。
そこまでするかーって思ったけど、預金封鎖ってことが大昔にはあったようだから高齢者は気が気じゃないのでしょうね。
変なことにならないといいけど・・・・