私は恐ろしくクセの強い髪質で、その天然パーマが小さい頃から悩みであり、強いコンプレックスとなっています。クリンとカールしているクセだったら良いのですが、「広がる」「髪の毛が太い」「チリチリ」と何をとっても決してかわいいとは言えないものでした。

学生の頃は梅雨の時期、プールの授業、湿度の高い夏などどれをとっても憂鬱でした。対策として、決して髪型をショートにしない、結べる長さをキープする。
といった事しか自分で出来ず、大学位までそのことを守り続けるしかありませんでした。サラサラロングの髪の綺麗な友達にどれ程憧れたことか。
大学生になった位に「縮毛矯正」のブーム?があり、バイトをしていたこともあって思い切って私も縮毛矯正をかけてみようと一念発起しました。
コンプレックスが強い分、自分の理想とかけ離れていたらあまりにショックだし、以前ストレートパ―マをかけた時もすぐ元の髪に戻ってしまったという苦い経験から尻込みしていましたが、いい加減この髪質とサヨナラしたいと思い藁にもすがる思いで美容院に行きました。

4時間以上かけ頭皮のヤケドにも耐え、手に入れた髪は今思うと完全にクレオパトラでしたが、当時の私にとってはこの上なく幸せで天にも昇る気持ちでした。
縮毛矯正の技術の進化は目覚ましく、髪へのダメージも日々少なくなっていると思います。
ただ、一度この幸せを知ってしまうともう地毛には戻れなくなってしまって、定期的に縮毛矯正をしなければ落ち着かなくなってしまうという事態に陥っています。う~ん、出費が。。。
それとねーパーマとか髪の毛に負担をかけすぎると頭頂部薄いとか禿げてくるとか副作用も気を付けるようにしないとね( ;∀;)