よく考えたら、うちの父も75歳・・・

だいぶ体も弱ってきたようで、自転車にも乗るのをやめたようです。車の免許も返納したようですし、それはそれで安心しているんですけどね。

今ニュースでも高齢者の車の暴走事故が増えているでしょ?いつうちの父が加害者になるかもしれないと不安だったから、母に免許返納をすすめて!!って言ってたんです。

ただ足がなくなるから~ってずっと渋っていたんだけど、さすがに返納したようですね。

そして、父の日というものもあと何年迎えられるかと考えたら、数えるくらいしかないんだろうなと。(;_:)

後から後悔はしたくないので父の日 プレゼント 財布にしようかなと。特にプレゼントをあげるようなものが浮かばなくて、財布ならうれしいだろうなと思ったのです。

今は仕事も辞めてずっと家にいるようですね。

前まではシルバー人材センターに登録していたので、なにかと手伝いがあったようだけど、体の調子が悪くなってからは家でゆっくりしているようです。

あんなに怖かった父がこの前実家に帰った時は体が小さく感じました。そして、何を話してもニコニコしているだけでした。

なんかその光景を見てびっくりしたなぁ子供のようだ。

ただ黙ってまんじゅうを食べながらお茶を飲んでました。年とるとこんな風に子供みたいになってしまうんだなと。

 

なんだかみんな自己防衛に走っているようですよね。銀行の金利も0.001%でしたっけ?信じられないような金利になっています。
もう本当に定期預金をしている意味がないですもんね。それに長期になるほどマイナス金利政策のおかげで損をするという意味が分からないことになっています(*_*;
それでも日銀のTOPは想定内のことといっているようですが、本当に想定内なのかなぁ。もし想定内だとしたらとんでもない考え方だと思います。
国民のことなんて関係ないって思っているのだろうか?
金利を下げると購買意欲に拍車がかかるからプラスに働くと思っているようだけど、私はそうは思えませんね。
銀行に預けると怖いから金庫を買って自分で管理する人も増えているようです。金庫が売れて売れて在庫がないようです。タンス預金というやつですね。
そこまでするかーって思ったけど、預金封鎖ってことが大昔にはあったようだから高齢者は気が気じゃないのでしょうね。
変なことにならないといいけど・・・・

 

私が一番思い出に残っている漫画は初めて買った漫画です。
それは『姫ちゃんのリボン』でした。
姫子というやんちゃな女の子が、エリカという魔法の世界に住む、自分と瓜二つな女の子から受け取った魔法のリボンを使って様々なことを体験していく物語です。
アニメ化もされているのでどこかで聞いたり見たりした人もいると思います。
魔法のリボンを使えば、誰にでも変身できるという、まさに子どもの乙女心をくすぐられる作品でした。
幼かった私もその漫画にはまっており、何度も何度も読み返した覚えがあります。
今でもストーリーを思い出せるほど読み込んでいました。
魔法の制約があったり、助けてくれるカッコいい男の子がいたり、恋のライバルがいたり。
今読み返してみると懐かしさがよみがえってくる気がします。サブキャラクターのあのファッションの着こなし方もなんとなくレトロな感じがして懐かしいですよね(*^^*)
幼い私は魔法のリボンに憧れ、変身するなら、、と考えてみたこともありました。
10巻で完結するのですが、小学校の頃の思い出と一緒に過ごしてきた漫画なのでとても思い入れがある漫画です。

 

180グラムで700円くらいのコーヒー豆を買いました。
しょうがなく買いました( ;∀;)
いつも買っているコーヒー豆がなかったのでしょうがなくです。
4店舗くらい周って探してみたんですけど、欲しかった豆がないんですよね…
売り切れ?もしかして人気の豆だったのかもしれない。
本当にしょうがなく買ったこの豆だけど、安かったから全く味を期待しなかったんだけど、豆を挽いて早速飲んでみたんだけど、やっぱり味はそれなりでした。
不味くもないけどとりたておいしくもない微妙な感じ。
パッケージ裏の賞味期限が1年もあるのも変だなーとは思ってたんだけどそういうことですね。

これからは無くなる前にストックにしないと・・・
わたしの中でコーヒーtimeって大切な時間なんです。
珈琲をゆっくりと飲みながらいろいろなことを考えるんです。
今日は何しようか・・・
夕飯は?
ジョギングできるかなぁ?
雲の動きを見るとかね。

 

初めて聞いた言葉だけどこれって銀行の業界用語らしい。
「仕振り」

et_025

仕振りって人によって態度を変えないとか虚勢を張らないとか、色入りな要素が組み合って仕振りが良い人だ!とかってなるようです。
これを知った時に私ってはたして仕振り良いのか?って思ってしまった。

人によって態度を変えない・・・
これはできていないさ(+o+)
だって意地悪な人にも態度を変えないで話しかけるって難しいと思いますよね。難しいな~
誰にでもニコニコ態度を変えないで接するって難しいよー
それをできている人ってんん~周りを見てみてもいないですね。昔の上司だとこれに近い感じでしたね。
新人さんにもやさしく接していた感じがする。
見習わないとね。

 

通販って本当に便利になりましたよね。店舗で売っていないものまで探せて購入できる。送料かかるときもあるけど送料無料の時のほうが多いしね。
うちでは一週間に一回は通販を利用しています。
すぐに家に届きますもんね~素晴らしいわ(^.^)
某アマ・・とか楽・・とか大体この二つのサービスを特に使うんだけどさ。

これだけ通販が普及すると実際の近所の店とかヤバいよね。売上下がってないのかなぁ。値段もだいぶ安いですよね?通販だと。
もし自分の家が自営業で店舗を構えてたら大変だと思います。
だからなのか近所の小さい店も代を継がないでいつの間にか閉めてますよね。
通販は便利だけど近所の店が無くなるのはつらいですよね。

 

この前、人気のコーディガンというものを試着してみようかなーっと思って某百貨店でいろいろ見てたんだけど、そこの店員さんがわたしのことをジトーって見ているような視線を感じてたんです。
なんか選びづらい店だなーとかって思ってたんだけど、わたしが好きな色のグリーンのコーディガンを試着してたらいつの間にかその店員さんが真後ろに接近していて一言
「お客様ちょっとよろしいですか?」
「お客様の似合う色は秋色になると思いますから、試しにこちらのガウンを試着してみてください」
というじゃないですか!!!

いやいや、わたしが探しているのはグリーンなんですと言ったら、試着はタダですからよろしければ~というので一応試着してみたんです。
そうしたら、その色妙にしっくりくるんです( ゚Д゚)
あれ?この色のほうが私に似合うかも・・・って思うほどしっくりくる。
その店員さんカラーコーディネートの資格もあるようで遠くから私の肌の色と目の色をじーっと見ていてすぐにこの秋色がわたしの色だと判断してくれたんです。

ビックリしますね~
肌の色と目の色で似合う色ってわかるんですね。
もちろんその秋色のコーディガンはわたしのお気に入りになりました。

 

義母というのは付き合いがなかなか難しいものがある。かくいう私も義母とは折り合いが悪い(;´Д`)
こちらは普通に接しているのにあちらは私を毛嫌いしているようです。なんか嫌な感じです。

大体にして義母とうまくやっている人って私の周りでは一人もいません。みんなけんかして出ていくか完全に口を利かないとかになっています。
どこの家でもそうなんだなーって思いながらみんなの話を聞いているけど、あの歳の義母ってみんなそうなんだろうね。昭和一ケタとか10年代の義母。みんなひねくれている。

あんな態度でさー何かあった時に誰が面倒見てくれると思っているのか?自分の娘たちも義母の世話のことがあるからなんでしょうね、だれも家に寄り付かないくなっています。
まーあんな性格の義母だから誰にも好かれないと思いますけどね。
しょうがないなぁあんな人と真面目に一緒に住みたくないよ。

 

どんどん出てくるから正直だらが誰だかわからにこともあります。テレビに何回か出てくるようになれば自然と覚えることになるんだけど、一度や二度見ただけでは理解不能です( ;∀;)

私も歳をとったということなんでしょうがね~
情けない・・・

今はインターネット環境が揃っているからネットからブレイクするようなタイプも多いもんね。それだけ小さい人にもネット環境って整っている時代なんでしょうね。デパートの子どもの遊び場に行っても親はスマホばかり見ているし、ベビーカーに乗った赤ちゃんでさえおもちゃのスマホだと思うけど、与えられて一生懸命にいじっているんですよね~
なんだか時代が変異なってきたような気もしますよね。
前みたいにアナログに戻れないものかなぁ無理な話か