なんだかみんな自己防衛に走っているようですよね。銀行の金利も0.001%でしたっけ?信じられないような金利になっています。
もう本当に定期預金をしている意味がないですもんね。それに長期になるほどマイナス金利政策のおかげで損をするという意味が分からないことになっています(*_*;
それでも日銀のTOPは想定内のことといっているようですが、本当に想定内なのかなぁ。もし想定内だとしたらとんでもない考え方だと思います。
国民のことなんて関係ないって思っているのだろうか?
金利を下げると購買意欲に拍車がかかるからプラスに働くと思っているようだけど、私はそうは思えませんね。
銀行に預けると怖いから金庫を買って自分で管理する人も増えているようです。金庫が売れて売れて在庫がないようです。タンス預金というやつですね。
そこまでするかーって思ったけど、預金封鎖ってことが大昔にはあったようだから高齢者は気が気じゃないのでしょうね。
変なことにならないといいけど・・・・

 

私が一番思い出に残っている漫画は初めて買った漫画です。
それは『姫ちゃんのリボン』でした。
姫子というやんちゃな女の子が、エリカという魔法の世界に住む、自分と瓜二つな女の子から受け取った魔法のリボンを使って様々なことを体験していく物語です。
アニメ化もされているのでどこかで聞いたり見たりした人もいると思います。
魔法のリボンを使えば、誰にでも変身できるという、まさに子どもの乙女心をくすぐられる作品でした。
幼かった私もその漫画にはまっており、何度も何度も読み返した覚えがあります。
今でもストーリーを思い出せるほど読み込んでいました。
魔法の制約があったり、助けてくれるカッコいい男の子がいたり、恋のライバルがいたり。
今読み返してみると懐かしさがよみがえってくる気がします。サブキャラクターのあのファッションの着こなし方もなんとなくレトロな感じがして懐かしいですよね(*^^*)
幼い私は魔法のリボンに憧れ、変身するなら、、と考えてみたこともありました。
10巻で完結するのですが、小学校の頃の思い出と一緒に過ごしてきた漫画なのでとても思い入れがある漫画です。